配管用水道資材・土木農業用資材・住宅機器資材卸販売
営業時間:8:15~17:15 (土曜営業15時まで)

商品品番の確認の仕方

商品品番の確認の仕方


トイレ・水栓・給湯器・家庭用ポンプ…それぞれに品番があります。
どれも同じような物だから部品も一緒でしょ…?
そうお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかしながら、

1つのメーカーだけでも似たような形状の内部部品が
実は何十、何百種類もあります!

 

沢山ある同じような部品から一つ一つ当てはめていくには膨大な時間を要します。
そのため、限りなくスムーズに商品の情報が特定できる品番が必要となるのです。

※形状が似ていてもそれぞれ商品に使用されている部品が違うので、
互換性のない場合は使用することができません。

 

品番は後継品を選定したり、部品を取り寄せる時、
さらにはメンテナンスの依頼をする時等に必要となります。
品番はほとんどの場合、本体にシールで貼付や刻印されています。

例)
トイレの場合:タンクの前面もしくは側面の下方、便器の側面下方にシール貼付
水栓:本体の裏下方部にシール貼付
他:本体裏又は側面にシール貼付又は刻印 など

(メーカーや商品の種類によって貼付される場所が違う場合もございます)

 

また、かなりの年月が経っていてシールが色褪せて読み取ることができない…

そういった場合は写真をご用意ください。

その場合、壊れていると思われる箇所だけでは品番特定が難しいことも。
複数枚、写真をご用意いただくとより特定しやすくなります

 

↓TOTOの撮影ポイントをご覧ください。

https://search.toto.jp/contents/navi/construction/guide/point.htm

 

 

 

◎確認しやすい写真◎

製品の全体が映っている(水栓であればハンドル部も重要)
・メーカーの刻印がある部分が映っている
・壊れている箇所、部品

 

上記の部分を何枚かに分けて撮影して頂きますと品番の特定がスムーズになります。

壊れた部分の部品のみをお持ちいただいても品番の特定は非常に困難で、
大変お心苦しいのですがほとんどの場合は品番をご確認のお願いをして
再度ご来店いただくことが多いのです。
品番がわからない場合、スマートフォンでもデジカメでも構いません。
まずは本体写真をご用意してご来店ください。
弊社従業員が商品特定のお手伝いをさせて頂きます。